Energy in Future  
 
Dr.-Ing. Dieter Bokelmann

Energy in Future - Dr.-Ing. Dieter Bokelmann - Energie in der Zukunft

序文

 本ウエブサイトの目的は、世界とドイツにおける一次エネルギー消費に関するCO2ニュートラルの実施状況をお知らせし、事実をもとにそれを証明することです。

世界各地での実施状況と現在の活動の合計は、残念ながら全くの期待外れです。一方で、CO2ニュートラルなエネルギーを生産するには、まだ最大で1世代分の時間があります。この投資は、世界中で強力に推進され、組織化され、バランスが取れたものでなければなりません。可能な解決策が示されています。 

計算や推定にはどうしても誤差が生じます。私は、さまざまなご意見や提案をお待ちしております。

私達の個々の行動変化なしにCO2ニュートラルは短期間で達成することはできない、という事は一般的な考え方です。

消費されない全てのエネルギー装置は、もうCO2ニュートラルにする必要はありません。エネルギー価格の適正な上昇は受け入れなければなりません。これはまた、私達、特に私達の子供や孫のために、気候関連の結果生じる高額な損害を防止または減少させるのです。。

序論、概要および解説は多言語とします。計算表のみ英語表示です。これは、技術的に興味のあるほとんどの読者は英語を話すことができるし、これらの表を翻訳するのにかなりの労力を要するからです。

このウエブサイトが気に入ったなら、友人や同僚にリンクを転送してください。

その概要は「Solution」というシートに簡潔にまとめられています。 

ありがとうございました。

このページを気に入っていただけましたら、友人や同僚にリンクを転送してください、ありがとうございます。

結局、壊滅的な影響を及ぼす数度の加熱から地球を守ることには成功しないと思います。急速に進行する気候変動は、私たちが皆、麻薬中毒者であるという事実に基づいています。病気になったり、死んだりすることを知っていながら薬を使い続ければ、薬物中毒者となります。しかし、例えば、アルコール依存症などの個人の依存症や、過疎化を含む現在の人類の消費行動とは違います。アルコール依存症の人は、自分で判断して成功を実感できる。気候変動との戦いは、一個人ではなく、人類の圧倒的な総力を挙げて取り組まなければなりません。個人が自分の行動を通して成功を実感できないのであれば、それは不可能です。一方で、一部の自称国のリーダーは、ピエロのように振る舞う人が多い。一方で、権威ある政治家の大多数は利己的であり、汚職は外国語ではありません。残念ながら、これはドイツでも同じです。私が間違っていることを願っています。