Energy in Future 
 
Dr.-Ing. Dieter Bokelmann - Facts Climate Change & Renewable Energy - Fakten Klimawandel & Erneuerbare Energien - Energie in der Zukunft - Energy Consulting

概要

 本ウェブサイトの目的は、世界とドイツにおける一次エネルギー消費に関するCO2ニュートラルの実施状況をお知らせし、事実をもとにそれを証明することです。

 このウェブサイトは、私達人間が非常に短い時間で引き起こす気候変動を否定する読者を対象としたものではありません。

 本当に興味のある人のために、情報は3つのレベルで構成されています。

レベル1では、概要と要約を読むことにより 数分で理解することができます。

レベル 2 では、考え方や予測の共通理念或いは戦略について詳しく説明します。

レベル3では、技術的/経済的に興味のある読者は詳細な予測計算に参入することができます。技術的な理解がここでは必須です。再生可能エネルギーに関する最小限の知識が役に立ちます。

 この情報は、私達が世界の中でどこに立っているのか、そして個別ケースとして化石燃料エネルギーの取替を実施しているドイツについて伝え、さらに私達は現在の実施活動でいつ頃ゴールに到達するのか、ということへと導きます。しかし残念ながら、結果は期待外れです。可能な限り理解しやすい方法でこのことを伝えることを目指します。

 また、もし一次エネルギーを最も消費する国々が積極的に実施することに参画するなら、技術、コスト、必要な将来像の観点から、20年以内に実施することは、世界中で可能であろうし問題も抱えないだろう、ということも示されています

 この期間の実施は、一方ですべての国がそれに参加するものではなく、一方で再生可能エネルギーへの投資の年間増加(要因15〜2019)を達成することは困難であるため、残念ながら可能性は低いです(しかし、技術的には不可能ではありません)。しかし、実際には、年間投資は大幅に増やす必要があります。

 ドイツなど、一部の国では、必要なすべての一次エネルギーを再生可能エネルギーに変換できません(土地が不十分)。しかし、サウジアラビア、オーストラリア、アフリカなど、グリーン一次エネルギーの大幅な余剰を生み出すことができる国は他にもあります。解決策は補償です。

 ドイツは、電力生産の少なくとも100%を再生可能エネルギーに切り替えると同時に、残りの一次エネルギーを水素(または同様のもの)の形で輸入することに集中する必要があります。しかし、ドイツでは、大量のグリーン水素を生産するのに適した土地が少なすぎるため、現状、年間約5000万トンの水素の輸入が必要であることを意味します。

 CO2排出量削減の必要性に加えて、消費者行動全般、畜産や肉の消費、農業、森林伐採、廃棄物管理、リサイクル、特に人口増加など良く知られた重要な問題ももちろんあります。これら全てはこのウエブサイトでの研究には含まれていませんが、総括として気候変動に対する一部分を担う責任があります。

 私のロゴは、発電用のガスタービンのローターを表しています。左側では、化石燃料を動力源としているため、赤です。右側では、ガスタービンは夜間(風なし、太陽なしでも運転されており、燃料は太陽光と風力から変換されるため、黄色から緑色に変わります。

このウェブサイトを気に入っていただけれたら、お友達や同僚にリンクを転送してください、ありがとうございます